インフォメーション

非核一覧

2021.02.11 非核, ピックアップ
3月1日開催 被災67周年3.1ビキニデー全国集会のお知らせ

no_photo

 1954年3月1日、アメリカがビキニ環礁で水爆実験を行いました。  付近で操業していた静岡県焼津のマグロ漁船・第五福竜丸をはじめ、多くの漁船に「死の灰」が降りかかり、その後、放射線の被害により亡くなられる方も出てしまう […]

» 詳細を見る

2021.01.21 非核
日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-

 1月22日、被爆者をはじめ、原水禁運動に関わった方々の悲願である「核兵器禁止条約」が発効します。原水禁では、条約発効に際し「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」をオンラインで開催します。 核兵器 […]

» 詳細を見る

2020.11.23 非核
北海道への核持ち込みは許さない!11.23幌延デー北海道集会中止にあたってのメッセージ

20201123

 1984年、旧動力炉・核燃料開発事業団は、「核のごみ」の貯蔵と処分研究を一体的にすすめる「貯蔵工学センター計画」を公表し、翌85年11月23日には抜き打ちの「現地踏査」が強行された。以降、11月23日は「北海道への核持 […]

» 詳細を見る

2019.08.05 非核, 脱原発, 声明
幌延深地層研究センターの「研究期間延長」に対する抗議声明

no_photo

 日本原子力研究開発機構・幌延深地層研究センターは8月2日、地層処分の研究期間を2028年までに延長する新たな研究計画案を道および幌延町に提出しました。これに対し、北海道平和運動フォーラムは「抗議声明」を発出しましたので […]

» 詳細を見る

2017.08.07 非核, 全件表示
8.7被爆72周年原水爆禁止世界大会長崎大会に参加

1100人が参加した原水禁長崎大会

被爆72周年原水爆禁止世界大会長崎大会が、8月7日長崎ブリックホールにて開催された。1,100人が参集し、北海道団は、大人14人が参加した。 総会は、犠牲者への黙とうを捧げた後、開始された。 主催者あいさつは、長崎原爆の […]

» 詳細を見る

2017.08.04 非核, 全件表示
8.4被爆71周年原水爆禁止世界大会広島大会に参加

2,700人が参加して行われた広島での開会総会

8月4日、被爆72周年原水爆禁止世界大会・広島大会がグリーンアリーナにて開催され、2,700人が参加した。北海道より、大人68人、子ども16人が参加した。 犠牲者への黙とう後、主催者あいさつに立った川野浩一・大会実行委員 […]

» 詳細を見る

2017.07.29 非核, 全件表示
7.29被爆72周年原水爆禁止世界大会福島大会に参加

720人が参加した原水禁福島大会

被爆72周年原水爆禁止世界大会の福島大会が7月29日、福島市の福島県教育会館で開催され、全国から720人が参加した。福島大会は、今回で7回目。 原爆や東日本大震災の犠牲者などに黙とうをささげた後、主催者を代表して、西尾漠 […]

» 詳細を見る

2016.08.07 非核, 全件表示
8.7 被爆71周年原水爆禁止世界大会長崎大会に参加

原水禁大会の最後を締めくくる長崎大会には、1,800人が参加した

被爆71周年原水爆禁止世界大会長崎大会が、8月7日長崎ブリックホールにて開催された。1,800人が参集し、北海道団は、大人17人子ども1人が参加した。 総会では、安倍内閣のもと、原発震災の危険性が反古にされ次々と再稼働が […]

» 詳細を見る

2016.08.04 非核, 全件表示
8.4 被爆71周年原水爆禁止世界大会広島大会に参加

広島大会には、北海道団88人が参加した

8月4日、被爆71周年原水爆禁止世界大会・広島大会がグリーンアリーナにて開催され、3,000人が参加した。北海道より、大人71人、子ども17人が参加した。 犠牲者への黙とう後、主催者あいさつに立った川野浩一・大会実行委員 […]

» 詳細を見る

2016.07.30 非核, 全件表示
7.30 被爆71周年原水爆禁止世界大会福島大会に参加

福島大会

被爆71周年原水爆禁止世界大会の福島大会が7月30日、福島市の福島県教育会館で開催され、全国から750人が参加した。福島大会は、今回で6回目。 原爆や東日本大震災の犠牲者などに黙とうをささげた後、主催者を代表して、川野浩 […]

» 詳細を見る



PRコンテンツ







北海道平和運動フォーラム公式Twitter