インフォメーション

全件表示一覧

2021.01.21 非核
日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-

 1月22日、被爆者をはじめ、原水禁運動に関わった方々の悲願である「核兵器禁止条約」が発効します。原水禁では、条約発効に際し「日米韓国際シンポジウム-核兵器禁止条約発効後の課題と展望-」をオンラインで開催します。 核兵器 […]

» 詳細を見る

2021.01.19 反戦, ピックアップ
2021年1月19日「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動に代えて

thumbnail

2021年1月19日の「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動は、新型コロナウイルス感染防止の観点から中止し、「戦争をさせない北海道委員会」の呼びかけ人である清末愛砂さん(室蘭工業大学)と岩本一郎さん(北星学園大学)か […]

» 詳細を見る

2021.01.12 脱原発, ピックアップ
すべての自治体で高レベル放射性廃棄物の最終処分場の受け入れを拒否しよう!

hokkaido

 2017年7月28日、経済産業省資源エネルギー庁は高レベル放射性廃棄物の最終処分に適した地域を示した日本地図「科学的特性マップ」を公表しました。 科学性特性マップによれば、火山や活断層が周囲になく、海岸からの距離が近い […]

» 詳細を見る

2021.01.08 脱原発, 署名, ピックアップ
化石燃料も原発も使わない、持続可能な再エネ100%の気候・エネルギー政策を求める署名にご協力を!

 今、日本政府は、これからのエネルギーのあり方を決定する「エネルギー基本計画」を見直しています。化石燃料や原発などに依存してきた企業の目先の経済的利益ではなく、私たちが大切にする環境、未来を守るために、私たち、ひとりひと […]

» 詳細を見る

2020.12.24 脱原発, 署名, ピックアップ
北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名 第三次集約分を提出!

 12月24日、北海道平和運動フォーラム他4団体は、「北海道を核のゴミ捨て場にしないことを強く求める署名」の第三次集約分を北海道に提出しました。 署名は、文献調査の撤回と幌延深地層研究の終了を求める内容となっており、北海 […]

» 詳細を見る

2020.12.11 護憲, その他
ブックレット『日本社会は本当にこれでいいのか?安倍政権の7年を問う!』のご紹介

 2019年11月、函館市で「平和・自由・人権 すべての生命を尊重する社会を 憲法理念の実現をめざす第56回大会」(第56回護憲大会)が開催されました。 メイン企画のシンポジウム「日本社会は本当にこれでいいのか? 安倍政 […]

» 詳細を見る

2020.12.08 反戦, ピックアップ
戦争への道を許さない!!12.8北海道集会に代えて

 1941年12月8日、日本は、アメリカ太平洋艦隊の本拠地ハワイの真珠湾を急襲し、太平洋戦争に突入しました。そして、アジア・太平洋諸国で2千人を超す尊い命を奪い、沖縄、ヒロシマ・ナガサキの惨禍をもたらしました。「12.8 […]

» 詳細を見る

2020.12.02 護憲, 反戦
「開戦の日を迎え平和と護憲を誓う!オホーツク集会」意見広告を掲載

「憲法改悪を許さず戦争をさせないオホーツク委員会」では、毎年12月8日を機に「開戦の日を迎え平和と護憲を誓う!オホーツク集会」を開催してきましたが、今年は中止を余儀なくされました。それでも平和への願いを多くの皆さんと共有 […]

» 詳細を見る

2020.12.01 中止
12月19日「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動は中止します。

logo

 11月に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、12.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動は中止とします。

» 詳細を見る

2020.11.23 非核
北海道への核持ち込みは許さない!11.23幌延デー北海道集会中止にあたってのメッセージ

20201123

 1984年、旧動力炉・核燃料開発事業団は、「核のごみ」の貯蔵と処分研究を一体的にすすめる「貯蔵工学センター計画」を公表し、翌85年11月23日には抜き打ちの「現地踏査」が強行された。以降、11月23日は「北海道への核持 […]

» 詳細を見る



PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter