インフォメーション

報告 「普天間基地はいらない 辺野古・新基地建設を許さない1・30全国集会」

掲載日:2010.02.01

1_20100201-1430071月30日、午後2時より東京・日比谷公園・野外音楽堂で「チェンジ!日米関係 普天間基地はいらない 辺野古・新基地建設を許さない1・30全国集会」が開催されました。集会には、沖縄をはじめ全国から6,000名を超える仲間が結集。


 北海道からも山田代表、足利事務局次長をはじめ約50名が参加しました。
 集会は、藤本泰成平和フォーラム事務局長の主催者あいさつではじまりました。藤本事務局長は「新しい日米関係や東アジアの平和を実現するためにも、普天間基地を閉鎖し、辺野古新基地建設を阻止しよう」と力強く述べました。
 次に、社民党党首・内閣府特命担当大臣の福島みずほ参議院議員、民主党の斎藤つよし衆議院議員の国会情勢報告、沖縄からの報告を山城博治沖縄平和運動センター事務局長、安次富浩ヘリ基地反対協共同代表、伊佐真次「ヘリパットいらない」住民の会共同代表が行いました。山城事務局長は「在沖米軍基地を整理・撤去する年にしたい」と述べ、安次富共同代表は「名護市長選に勝ち、これ以上の民意はない。県内移設はダメだと連立政権に突きつけたい」と訴えました。また名護市長選挙で当選した稲嶺進さんのメッセージが紹介され、神田公司合志市議会議員と井原勝介前岩国市長の連帯のアピールが行われました。
 次に、普天間基地返還、辺野古・新基地建設反対、沖縄をはじめとする全国の米軍基地の縮小・撤去に向け大きな闘いを目指そうとの集会決議が採択されました。
 集会終了後、「新基地建設は許さない」「政府は日米地位協定を見直せ」とシュプレヒコールをしながら日比谷公園から銀座周辺などをデモ行進しました。
 主催は、フォーラム平和・人権・環境や「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」などで構成された実行委員会。協賛、WORLD PEACE NOW。
1_20100201-140405

1_20100201-145434

1_20100201-144952

1_20100201-134133




PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter