インフォメーション

報告 米掃海艦「パトリオット」の函館港入港反対集会を開催

掲載日:2012.02.15

<道南フォーラムからの報告>
 米海軍第7艦隊の掃海艦「パトリオット」が2月14日から19日まで函館港に入港するのに合わせ、14日朝、道南地域平和運動フォーラム、函館地区連合会、民主党函館支部合同でパトリオット入港に合わせ、函館港入港反対集会を函館港の北埠頭で開催しました。

 北海道運動平和フォーラム長田秀樹事務局長の主催者あいさつからはじまり、連合北海道函館地区連合会荒木敏安会長が続けて連帯のあいさつを行いました。
 その後、連合北海道会長からの連帯メッセージ、集会決議文を読み上げ、反対の意思表示を確認しました。
 最後に、「平和な函館港を軍港化するな!「パトリオット出て行け!」と参集した80名の仲間でシュプレヒコールを挙げ、入港反対を訴えました。
 「親善及び友好」を口実とした米艦船の入港は、民間港の軍事的利用を常態化させようとしています。また、核兵器廃絶平和都市宣言を行っている函館市民の思いを踏みにじるものでもあります。
 わたしたちは、今後も米艦船の寄港に反対するとともに、函館港の準軍港化に断固反対し、平和・軍縮を求める市民とともに連帯し、ねばり強くたたかいを展開していきます。1_20120216-2.141
1_20120216-2

1_20120216-39

1_20120216-050




PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter