インフォメーション

6.19 総がかり行動を実施しました

掲載日:2016.06.19

戦争をさせない北海道委員会は、6月19日11時から札幌市大通公園西3丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施し、休日にも関わらず、晴天も重なり500人が参加した。

晴天の下、道行く多くの人達に「沖縄に基地はいらない」「戦争法を廃止しよう!」などと訴えながらデモパレードを行った

晴天の下、道行く多くの人達に「沖縄に基地はいらない」「戦争法を廃止しよう!」などと訴えながらデモパレードを行った



なお、この日は、沖縄で起こった、元米兵による女性死体遺棄事件に抗議する沖縄県民大会が開催されるのに呼応し、全国各地で、抗議集会が開催された。

札幌でも、この総がかり行動については、戦争法の廃止を訴えるだけでは無く、米軍基地の大幅整理・縮小、日米地位協定の抜本改定も求めた集会とした。

主催者を代表し、挨拶する山木・道フォーラム代表

主催者を代表し、挨拶する山木・道フォーラム代表



主催者挨拶で、北海道平和運動フォーラムの山木代表は、「本日午後から開催される、米海兵隊・軍属による暴行殺人事件に抗議するオール沖縄会議主催の県民大会と連帯した行動という位置づけとした集会です。今日は国会前、そのほか全国各地で連帯した行動が開催される予定となっている。県民大会で採択される予定の決議を北海道からも求めていこうと考える。県民大会には、自公の県本部は政治利用だとして参加していない。殺人事件が起こってから、日米両政府で綱紀粛正策と基地内外で規制を行っていたが、基地外での禁酒令が出ているにも関わらず、女性米兵が飲酒して正面衝突事故を起こし、けが人を出し、逮捕されるなど、名ばかりの綱紀粛正。こういった状況を改善させるためにも、日米地位協定の抜本的改正を求めていかねばならない」と挨拶した。

北海道憲法共同センターの黒澤・代表

北海道憲法共同センターの黒澤・代表



次に北海道憲法共同センター代表の黒澤幸一さんが、「今日の行動は、沖縄の行動に連帯したもの。北海道からも沖縄に向かって行動している方々が多くいる。私も昨年、沖縄に行ったが、地元の方に諦めない闘いをご苦労様ですと伝えた所、現地の方に、諦めず、粘り強い闘いではなく『沖縄県民にとっては諦められない闘いなんだ』と言われた。繰り返される米兵による蛮行は許しておくことが出来ない。次々起こる犯罪は、防げたこと。早く沖縄から米軍基地を無くしていたら、そんなことは起きなかったということだ」と訴えた。

「戦争をさせない北海道委員会」呼びかけ人で、北星学園大学の岩本教授

「戦争をさせない北海道委員会」呼びかけ人で、北星学園大学の岩本教授



次に北星学園大学教授の岩本一郎さんが、「地位協定は抜け穴だらけの上に、アメリカは弱腰の日本政府をなめきっている。軍隊は決して平和を作らない。軍隊の存在自体が社会に暴力を持ち込む。だからこそ、軍隊の無い、基地の無い社会を目指さねば。それが、日本国憲法が掲げた高い理想。その第一歩は、沖縄を米軍から解放すること。出来る、必ず出来る。共にがんばりましょう」と訴えた。

ここで、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議より届けられた「米軍による事件や事故が後を絶たないうえに、辺野古にあらたな米軍基地が建設されることに、私たちはあくまでも反対し続け、このような不条理に決して屈せず、基地のない平和な沖縄を創り続けます。本日は、全国各地で沖縄に思いをよせ連帯する集会が開催されていると伺っています。全国のみなさんに心から敬意を表します。引き続き沖縄の米軍基地問題を、全国民が共有する問題であることを改めて確認することをお願い申し上げ、沖縄からのメッセージと致します。ありがとうございました」とのメッセージ(要約) が披露された。

「戦争をさせない北海道委員会」呼びかけ人、小樽商科大学の結城・名誉教授

「戦争をさせない北海道委員会」呼びかけ人、小樽商科大学の結城・名誉教授



次に小樽商大名誉教授の結城洋一郎さんが、「安倍首相は、戦後レジームの清算をうたい、日本を取り戻すと息巻いているが、彼が清算すべきは自分のお祖父さんが行った恥ずべき対米従属政策であり、取り戻すべきは真の日本の独立でなければならないはず。外国に日本の税金を貢ぎ、他国の戦争に加担することによって自衛官と家族の生活を破壊し、裁判権を放棄して、日本の婦女子に対する外国兵の凌辱を傍観し、原発安全神話を撒き散しながら、国土を汚染し続けることによって、美しい日本を破壊しているのは一体誰なのか。70年前、敗戦の瓦礫の山を目の前にして固く誓い合った平和への崇高な決意を思い起こし、日本を、真に人間らしい、優しく平和な社会へと再構築するための努力を、諦めることなく続けていかねば」と力説した。

DO-SEN☆FES、北海道選挙祭の柳田真季さん

DO-SEN☆FES、北海道選挙祭の柳田真季さん



最後にDO-SEN☆FES(北海道選挙祭)の柳田真希さんが、「アジアが脅威だと言いながら、集団的自衛権で遠くに自衛隊を派兵する。そうしたら日本を守る人が居なくなる。それでも大事だと言っている安倍政権。私たちには理解出来ません。また、押し付けられたのは憲法ではなく、日米地位協定です」と訴えた。

デモバレードの先頭は、若者が企画したサウンドデモを行い、沿道からのデモへの飛び入り参加を募った

デモバレードの先頭は、若者が企画したサウンドデモを行い、沿道からのデモへの飛び入り参加を募った



この日は、デモパレードの先頭にサウンドカーを配置し、一般市民や若者がデモパレードに飛び入り参加できる雰囲気作りをし、「観ている方も、デモに参加してください」と呼びかけながらのパレードを行った。サウンドデモを初めて企画した若者達は、苦戦しながらも、沿道の市民に参加を募りながら、「全ての人達の行動にしていこう」と反戦・反基地を訴えた。




PRコンテンツ