インフォメーション

報告 「原発のない福島を!県民大集会」に全国から7000人

掲載日:2013.03.25

 1_20130325-DSCF2387(1)
3月23日(土)、「原発のない福島を!県民大集会」が、福島市の「あづま総合体育館」で開催され、全国から7000名が参加しました(北海道15名)。


 呼びかけ人を代表して福島大学教授の清水修二さんが「県内原発の全基廃炉は十分に達成可能であり、被害を受けた県民としては当然の要求だ。要求の実現に向けてともに行動しよう」と訴えました。連帯の挨拶にルポライターの鎌田慧さん、県民の訴えでは、農業・漁業・林業者、観光業者、県外避難者などからそれぞれ被災の実情が報告されました。高校生平和大使の高野桜さんは、山形県と福島県に分かれて避難している家族の現状に触れ「モニタリングポストがあったり、家族がばらばらに暮らすことが当たり前になっているのはおかしい」と話しました。
 最後に、「県内10基の原発の廃炉を求め、『原発のない福島を!』『安心して暮らせる福島を!』、この県民の願い・心の叫びを実現するために、支えあい、心を一つにして頑張ろう」とする集会宣言を採択し集会を終了しました。
 福島県平和フォーラムなどで組織する「原発のない福島を!県民大集会」実行委員会の主催。
1_20130325-DSCF2348(1)

1_20130325-DSCF2380(1)

1_20130327-DSCF2361(1)

1_20130327-DSCF2362(1)




PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter