インフォメーション

北海道への核持ち込みを許さない!11・23幌延デー北海道集会に1,000名を超える参加者が結集

掲載日:2005.11.24


1_20051125-135855(1)
 11・23幌延デー集会は、当初幌延町への高低両レベルの核廃棄物の持込に反対する運動としてスタートし、今日では原環機構による最終処分場公募の動きを踏まえ、北海道のいかなる地域にも核を持ち込ませない運動として発展し、今年で20回目を迎えました。
 今年の集会はみぞれが降る悪天候の中、全道から1,000名を超える参加者が幌延町に結集し、集会とあわせ、町内をデモ行進しました。


 

 集会では主催者代表、来賓の挨拶に続き、地元報告、各団体決意表明が行われ、その中では深地層研究センター建設地の土壌から、カドミウムなどの有害物質が検出されたことが地域住民説明会では報告されなかったことへ批判が集中。日本原子力開発機構の地域住民を無視する旧体然とした体質が改めて問われることとなりました。そしてスローガン、集会決議では、脱原発、脱プルトニウム社会の実現に向けた運動を発展させて行くことを参加者全員で確認しました。

20051125-125337(1)

20051125-135959(1)




PRコンテンツ