インフォメーション

報告 北海道への核持ち込みは許さない!11・23幌延デー北海道集会

掲載日:2009.11.25

1_20091125-077
11月23日、幌延町共進会場で「北海道への核持ち込みは許さない!11・23幌延デー北海道集会」を開催しました。今年も全道各地から76団体、1,000名の仲間が参加。


 集会では、主催者挨拶を行った北海道平和運動フォーラムの山田剛代表は「北海道に核の処理場はいらないことを伝えるため、今まで以上に各地域で草の根の声を上げていかなければならない」と述べました。
 また、民主党、社民党からの来賓挨拶、道北核廃棄物処分施設反対連絡協議会、核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会、核廃棄物処分場に反対する道北議員の会、市民ネットワーク北海道、生活クラブ生協、平和運動フォーラム十勝ブロック協議会の6団体から決意表明をうけました。 
 また集会決議では、「人類と核は共存できない」という理念に基づき、脱原発社会を目ざし、新規原発の建設中止・泊原発3号機を含めすべての原発の廃炉、六ヶ所再処理工場の閉鎖、核のゴミの道内処分を許さない運動を発展させていくことを参加者全員で採択し、「北海道への核持ち込み反対!核燃料サイクル反対!」とシュプレヒコールをしながら町内2キロをデモ行進しました。幌延デー集会は今年で24回目、北海道平和運動フォーラムの主催。

集会決議文PDFへ

1_20091125-006(1)

1_20091125-021(1)

1_20091125-031(1)
1_20091125-034(1)

1_20091125-040(1)
1_20091125-043(1)

1_20091125-045(1)

1_20091125-047(1)
1_20091125-053(2)

1_20091125-DSC_7581

1_20091125-DSC_7637




PRコンテンツ