インフォメーション

2011年の記事一覧

2011.07.05 脱原発, 全件表示
報告 「EPZ(防災対策の重点実施地域)」の拡大を求め小樽で街頭宣伝!

1_20110705-IMG_2136(1)

 後志平和運動フォーラム(寺岡文明・辻口浩二代表委員)の小樽地区連絡会および後志地区連絡会は、6月18日、長崎屋小樽店前とサンモール一番街で街頭宣伝活動を行いました。  小樽市議会民主党・市民連合の斉藤博行市議と佐々木秩 […]

» 詳細を見る

2011.07.01 脱原発, 全件表示
報告 石狩フォーラム 脱原発社会の実現を求め街頭宣伝活動

1_20110701-CIMG4372_HD

 平和運動フォーラム石狩地域協議会(代表幹事:布施裕・丸岡久信)は、6月18日(土)、江別市ポスフール前で、脱原発社会の実現を求め街頭宣伝活動を行いました。  勝部賢志北海道議会議員など3名の弁士が、「被災者に対するお見 […]

» 詳細を見る

2011.06.30 脱原発, 全件表示
報告 日胆フォーラム 脱原発社会の実現を求め街頭宣伝活動を実施

1_20110630-IMG_3264

 平和運動フォーラム日胆地域協議会は、6月18日新ひだか町(木場町2丁目)ツルハドラック前において、泊原発3号機のプルサーマル計画の撤回と脱原発社会の実現を求める街頭宣伝活動を行いました。  当日は、日高管内平和議連の方 […]

» 詳細を見る

2011.06.23 脱原発, 全件表示
報告 道南フォーラム 大間原発建設中止を求め、脱原発社会の実現を求める街頭宣伝行動

1_20110623-IMG_2132(1)

 6月19日(12:00)より函館市本町交差点で大間原発建設中止と脱原発社会の実現を求める街宣行動を実施しました。  当日は、函館地区鎌田事務局長の司会で始まり函館地区の扇谷副代表から今回の街宣と署名の趣旨を訴え、道畑、 […]

» 詳細を見る

2011.06.21 脱原発, 全件表示
報告 「なくそう原発!変えようエネルギー政策!」を訴え、全道各地で街頭宣伝

1_20110621-104622

 北海道平和運動フォーラム・「脱原発・クリーンエネルギー」市民の会は、6月18日(土)に札幌市など道内9市町で「泊原発3号機のプルサーマル計画の撤回」や「脱原発社会の実現」をもとめ街頭宣伝を行いました(函館は19日に実施 […]

» 詳細を見る

2011.06.17 全件表示
報告 道南フォーラム 大間原発の建設中止などを求め函館市へ要請行動

1_20110617-CIMG4018(1)

 道南地域・函館地区平和運動フォーラムは、6月15日15時より函館市に対し、大間原発の建設中止と泊原発3号機のプルサーマル計画撤回に関する要請を行いました。  当日は、工藤函館市長が経済産業省、電源開発(株)に大間原発に […]

» 詳細を見る

2011.06.17 脱原発, 全件表示
報告 道南フォーラム 大間原発の建設中止などを求め函館市へ要請行動

1_20110617-CIMG4018(1)

 道南地域・函館地区平和運動フォーラムは、6月15日15時より函館市に対し、大間原発の建設中止と泊原発3号機のプルサーマル計画撤回に関する要請を行いました。  当日は、工藤函館市長が経済産業省、電源開発(株)に大間原発に […]

» 詳細を見る

2011.06.14 脱原発, 全件表示
報告 泊原発の段階的運転停止などを求め、道議会へ要請行動

1_20110614-124632

  北海道平和運動フォーラムおよび「脱原発・クリーンエネルギー」市民の会は、6月14日(火)、「原子力防災計画」の早期見直しや泊原発の段階的運転停止などを求め、道議会正副議長や民主党など各会派に対して要請行動を行い、14 […]

» 詳細を見る

2011.06.13 脱原発, 全件表示
報告 十勝平和フォーラム 6月9日(木)帯広藤丸デパート前で街宣実施!

1_20110613-IMG_0807(1)

 平和運動フォーラム十勝ブロック協議会(斉藤克己議長)は、6月2日(木)、9日(木)に帯広藤丸デパート前で、脱原発を求め街頭宣伝行動を行いました。  6月23日(木)、29日(水)、7月7日(木)、13日(水)にも予定し […]

» 詳細を見る

2011.06.13 脱原発, 全件表示
いっしょに福島原発事故や脱原発社会について考えませんか?~全道各地で集会を開催~

no_photo

 北海道平和運動フォーラムおよび各地域の平和運動フォーラムは、福島原発事故の真相や原発に頼らないクリーンなエネルギー社会について、全道各地で集会や学習会を開催しています。  是非お近くの会場にお越しください。参加料はどの […]

» 詳細を見る



PRコンテンツ