インフォメーション

報告 講演会「海上自衛隊ソマリア沖派遣の問題点」を開催

掲載日:2009.03.26

 3月25日の午後6時30分から札幌市内エルプラザで、東京新聞編集員の半田滋さんを講師に招き、「海上自衛隊ソマリア沖派遣の問題点」の講演会を開催しました。約100名の参加。


 道フォーラムの山田代表は主催者挨拶で「自衛隊の海外派遣には明確に反対だ。本当の狙いがどこにあるのか見極め、あらゆる意味で自衛隊を外に出していこうとする動きが強まっていることに思いっきり反対の声をあげていこう。」と訴えました。
 講師の半田さんからは「今回の派遣は、自衛隊法の中にある海上警備行動、既存の自衛隊法を根拠にして出て行く」「『海賊対処法案』は、これほど自由に自衛隊を使える法律はない。大臣ひとりの考えで海賊という大義名分のもとでいくらでも自衛隊を差し向けることができる」「しかし、このような法案は通るはずがないと思う。結局、海上警備行動だけで2隻の護衛艦が派遣期限もない中で延々とアデン湾に行き続けることになる。このような状態で日本は法治国家といえるのかいうことが問われている。」等が話されました。




PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter