インフォメーション

7.29戦争をさせない総がかり行動に500人を超える市民が参加

掲載日:2015.07.30

DSC_2364

戦争させない北海道委員会は29日18時00分より大通公園西3丁目広場で
総がかり行動を行いました。デモパレードでは500人を超える市民が参加
しました。

DSC_2327
北海道平和運動フォーラム 藤盛代表は「世論調査でも8割の国民が反対と
懸念を示している。にもかかわらず数の力で衆議院での強行採決した。何と
しても参議院で廃案に持ち込むためには、国民の反対の声の広がりが求めら
れる。勝利は私たちにある。何としても、廃案にむけて、北海道からもうね
りをつくらなければならない。市民のみなさんの支援の輪をお願いしたい」
と結集を呼びかけました

DSC_2335

 

 

 

 

 

 

民主党北海道 市橋幹事長より「戦後70年、日本が一度も戦争に参加してい
ないことが日本人の誇りである。このことは世界からも高く評価されている。
いま自衛隊は人道支援などで国際的に高い評価を受けている。一方でアメリカ
ではこれ以上、戦争で兵士の死亡は許されない世論が高まっている。アメリカ
の肩代わりをするような法案成立を絶対許してはならない」と訴えました。

DSC_2345

 

 

 

 

 

 

市民ネットワーク北海道 佐藤共同代表は「私たちは日本の平和な社会を、子
どもたちに引き継いでいきたい。多くのみなさんが一人一人の声がうねりをつ
くる。そして隣の方に声をかけて、さらに拡げなければならない。最後の最後
まで諦めずに、声をあげて、隣の人としっかり手を携えてがんばりましょう」
と今後の行動について呼びかけました。

街頭演説後のデモパレードでは500人を超える市民が参加し、プラカードを手
に戦争法案反対の声を上げました。
DSC_2390





 

 

 

DSC_2391

 

 

 

 

DSC_2330

 

 

 

 

DSC_2361

 

 

 

 




PRコンテンツ