インフォメーション

映画「遺言」に400名が参加

掲載日:2015.03.09

「原発事故から4年 フクシマを忘れないさようなら原発北海道集会」が
自治労会館で開催され、約400人の市民の方が参加しました。集会では
福島第一原発事故の影響で過酷な生活を強いられている飯館村の人々の生
活を克明に記録した3時間45分に及ぶドキュメンタリー映画「遺言−原
発さえなければ」の上映を行いました。
DSC_0302
上映にあたり、呼びかけ人である北海道大学名誉教授の小野有五さん
より「福島第1原発事故による、汚染水、大気中への放射能汚染は4
年経ってもまだ収束しておらず、このような原発事故は世界でも例が
ない。しかし東京電力と政府は汚染水はコントロールされていると言
い続けてきたが、最近の報道で外海への流出が明らかになり、事実を
隠している。さらに活断層の影響があるにもかかわらず、学会関係者
の一部は、活断層についてまともに議論しない傾向が強く、規制する
側が、規制される側の虜になっていることも事実である。なによりも
福島にいる人が被害者であることを忘れてはならない。このような事
実をしっかりと受け止め、私たちは声を上げなければならない。」と
挨拶しました。
DSC_0301

DSC_0307
上映終了後、現在の飯館村の近況について豊田直巳監督より「飯館村
の除染作業は村の人口6000人を上回る7000人の作業員を投入
して行われている。さらに除染済みの家屋については解体し、減量焼
却する予定である。矛盾した対応とも言えるこうした一連の流れは国
策として行われている。まったく村民の気持ちを無視している。」と
国の対応について指摘するとともに、今後もひとりでも多くの人がこ
の映画を観て、福島の現状を理解してほしいと強く訴え集会を終了し
ました。
DSC_0317




PRコンテンツ






北海道平和運動フォーラム公式Twitter