インフォメーション

報告 25年目の「4.26チェルノブイリ記念講演会」を開催しました。

掲載日:2011.05.09

1_20110509-191433
 チェルノブイリ原発事故から25年目を迎え、4月25日(月)に「いらない原発!変えようエネルギー政策!25年目の『4.26チェルノブイリデー記念講演会』」を札幌市かでる2.7で開催しました。


 

 主催者挨拶で山田剛・北海道平和運動フォーラム代表は、「チェルノブイリ原発事故から4半世紀が経過し、私たちはこれを教訓としながらどう取り組んできたのか。今起きている福島原発事故や日本の原発行政・エネルギー政策の誤りについて全体で考えるため、そして、『とめよう原発、原発はいらない』ことを再度全体で確認し広げるための本日の集会としたい」と訴えました。

 講演では、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(略称:美浜の会)代表の小山英之さんが「福島原発事故を考える~原発政策の誤り~」と題して講演しました。
 小山さんは、「国は『ただちに人体に影響が出るレベルではない』とごまかしている。また、子どもに対して『年間20㍉シーベルトまで(放射線を)浴びせてもいい』と文科省が決め、全国から怒りが上がっている」として、事実上子どもに被ばく労働者なみの線量を強要する政府を厳しく批判しました。その上で「人類は原子力・核と共存できないことがはっきりと示された今、すべての原発を直ちに止める方向を目指そう」と訴えました。
 北海道平和運動フォーラムなど27団体で構成する「4.26チェルノブイリデー市民集会実行委員会」の主催。約500名が参加。
1_20110509-172217

1_20110509-172353




PRコンテンツ