インフォメーション

報告 石狩フォーラム 脱原発社会の実現を求め街頭宣伝活動

掲載日:2011.07.01

1_20110701-CIMG4372_HD
 平和運動フォーラム石狩地域協議会(代表幹事:布施裕・丸岡久信)は、6月18日(土)、江別市ポスフール前で、脱原発社会の実現を求め街頭宣伝活動を行いました。


 勝部賢志北海道議会議員など3名の弁士が、「被災者に対するお見舞いと、原発事故の一日も早い現状打破を国を挙げて行わなければならない」と訴えました。また、「泊原発はもとより青森県大間原発において、万が一事故が発生した場合、北海道に与える影響は甚大である」として、自然エネルギーへの転換を求めました。
 終了後は、上江別・野幌・大麻の3地区を街宣車で脱原発を訴えました。
1_20110701-CIMG4367_HD




PRコンテンツ