インフォメーション

反戦一覧

2017.11.21 反戦, 全件表示
11月の総がかり行動を実施しました。

E3E507C8-F77D-445A-994E-C17C5E5614FE

 戦争をさせない北海道委員会主催の11.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動が、真冬並みの猛吹雪の中、11月19日(日)午前11時から大通公園西4丁目で300人の参加により開催された。 主催者挨拶で、北海道平和 […]

» 詳細を見る

2017.09.19 反戦, 全件表示
9.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施しました

雷雨の激しい悪天候にもかかわらず、700人が参加した9.19総がかり行動

戦争をさせない北海道委員会は、9月19日18時から札幌市大通公園西4丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施し、天候の悪い中にもかかわらず700人が参加しました。 この日は、2年前の9月19日に「戦争 […]

» 詳細を見る

2017.08.24 反戦, 全件表示
8.24「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施しました

雨の中にもかかわらず、集会には250人が参加して訓練中止・オスプレイ反対を訴えた

戦争をさせない北海道委員会は、8月24日18時から札幌市大通公園西4丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施し250人が参加しました。 本緊急行動は、8月28日まで続く日米合同訓練に、継続して抗議 […]

» 詳細を見る

2017.08.19 反戦, 全件表示
8.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施しました

450人が参加した、8.19総がかり行動

戦争をさせない北海道委員会は、8月19日11時から札幌市大通公園西3丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施し450人が参加しました。 主催者を代表し、北海道平和運動フォーラムの長田秀樹代表は、「日米 […]

» 詳細を見る

2017.08.15 反戦, 全件表示
8.15「不戦の日! 8.15北海道集会」を開催しました

8月15日のお盆にも関わらず、300人が参加した

北海道平和運動フォーラムと8.15北海道集会実行委員会は、8月15日に清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院准教授)を招き、「明文改憲構想を読み解く-優先4項目プラスのゆくえ-」と題し、講演を行った。講演後は、飯島滋明さん(名 […]

» 詳細を見る

2017.08.09 反戦, 全件表示
8.9日米共同訓練の規模縮小!オスプレイ参加に反対する全道総決起集会を開催しました

主催者を代表して挨拶する出村良平・北海道連合会長

北海道平和運動フォーラムは、連合北海道などとともに、陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練「ノーザンヴァイパー」が10日から北海道大演習場(北大演=恵庭市など)で始まる事に対し、抗議集会をおこなった。大通公園西3丁目広場 […]

» 詳細を見る

2017.07.19 反戦, 全件表示
7.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施しました

450人が参加した7.19総がかり行動

戦争をさせない北海道委員会は、7月19日18時から札幌市大通公園西4丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施し450人が参加しました。 主催者を代表し、北海道平和運動フォーラムの長田秀樹代表は、「8月 […]

» 詳細を見る

2017.04.06 反戦, 全件表示
4.6「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施しました

緊急の集会にも関わらず、400人が参加し、抗議行動を行った

戦争をさせない北海道委員会は、4月6日18時から札幌市大通公園西3丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施し400人が参加しました。 本緊急行動は、自公両党が「共謀罪」について、6日の衆議院本会議 […]

» 詳細を見る

2017.03.24 反戦, 全件表示
第11回憲法問題連続講座(海渡弁護士)を開催しました

DSC_0025

戦争をさせない北海道委員会は、3月24日に、札幌市の自治労会館にて、「第11回憲法問題連続講座」を行い、350人が参加した。 安倍政権は、過去3回にわたり国会で廃案となった「共謀罪」について、2020年の東京五輪や「テロ […]

» 詳細を見る

2017.03.21 反戦
3.21「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施しました

DSC_0070

戦争をさせない北海道委員会は、3月21日18時から札幌市大通公園西4丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり緊急行動を実施し250人が参加しました。 政府は21日、 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛 […]

» 詳細を見る



PRコンテンツ