インフォメーション

2016年の記事一覧

2016.10.07 全件表示, 脱原発
10.7「STOP再稼働!さようなら原発北海道講演会」を開催しました

講演会には、400人が参加し、原発の危険性・不必要な理由を確認した

「さようなら原発1000万人アクション北海道」は、10月7日に北海道自治労会館で「STOP再稼働!さようなら原発北海道講演会」を開催した。 講演会の翌日の8日開催する「STOP再稼動!さようなら原発北海道集会」の前段の位 […]


» 詳細を見る

2016.09.19 全件表示, 反戦
強行採決から1年! 全道で総がかり行動!!

1,300人が参加し、行われたデモパレードでは、多くの市民が飛び入りで参加した

戦争をさせない北海道委員会は、9月19日、全道で一斉に総行動を行った。 函館では「9月19日 総がかり行動!」が主催し、大門グリーンプラザで集会を終えた後、デモ行進を実施。旭川では「あさひかわ九条の会」などが呼びかけ団体 […]


» 詳細を見る

2016.09.19 反戦
9月19日 総がかり行動!全道各地で開催

1200人が参加した 5.3憲法集会(大通公園西3丁目広場)

◎ 「戦争法」強行成立から1年、全道統一行動   【札幌】「9.19 戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動 日 時 2016年9月19日(月・祝)11:00~13:00 会 場 大通公園西3丁目広場 西側 […]


» 詳細を見る

2016.08.19 全件表示, 反戦
8.19「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施しました

毎月19日に行っている集会に、8月は400人が参加し、「戦争のできる国づくりは絶対反対」と訴え続けている

戦争をさせない北海道委員会は、8月19日18時から札幌市大通公園西3丁目広場にて「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動を実施し400人が参加しました。 主催者を代表し、北海道平和運動フォーラムの佐藤事務局長は、「極め […]


» 詳細を見る

2016.08.15 全件表示, 反戦
「不戦の日! 8.15北海道集会」を開催しました

お盆の8月15日にも関わらず、300人が参加し、植村さんの講演を聴いた

北海道平和運動フォーラムと8.15北海道集会実行委員会は、8月15日に元朝日新聞社記者の植村隆氏を招き、「歴史修正主義と闘うジャーナリストの報告~私は捏造記者ではない~」と題し、講演を行った。植村さんは日本が過去の戦争で […]


» 詳細を見る

2016.08.07 全件表示, 非核
8.7 被爆71周年原水爆禁止世界大会長崎大会に参加

原水禁大会の最後を締めくくる長崎大会には、1,800人が参加した

被爆71周年原水爆禁止世界大会長崎大会が、8月7日長崎ブリックホールにて開催された。1,800人が参集し、北海道団は、大人17人子ども1人が参加した。 総会では、安倍内閣のもと、原発震災の危険性が反古にされ次々と再稼働が […]


» 詳細を見る

2016.08.04 全件表示, 非核
8.4 被爆71周年原水爆禁止世界大会広島大会に参加

広島大会には、北海道団88人が参加した

8月4日、被爆71周年原水爆禁止世界大会・広島大会がグリーンアリーナにて開催され、3,000人が参加した。北海道より、大人71人、子ども17人が参加した。 犠牲者への黙とう後、主催者あいさつに立った川野浩一・大会実行委員 […]


» 詳細を見る

2016.08.01 全件表示, 反戦
8.1 北海道連続沖縄学習講演会を開催

DSC_3648

北海道平和運動フォーラムと北海道教職員組合は、「沖縄からみる平和・未来~在沖縄米軍をめぐる都市伝説をきる」と題し北海道連続沖縄学習講演会を、8月1日に札幌市自治労会館で開催し、400人が参加した。 先の第24回参議院議員 […]


» 詳細を見る

2016.07.30 全件表示, 反戦
7.30 第9回憲法問題連続講座を開催

主催者を代表して飯島教授が、「子や孫の世代にどう伝えていくかということを考えるきっかけとして」と挨拶。

戦争をさせない北海道委員会は、7月30日に、ホテルポールスターにて、「第9回憲法問題連続講座」を行い、250人が参加した。 昨年強行成立した「安保法制」により、米軍などの後方支援を行うことも法的に可能となり、これまで禁じ […]


» 詳細を見る

2016.07.30 全件表示, 非核
7.30 被爆71周年原水爆禁止世界大会福島大会に参加

福島大会

被爆71周年原水爆禁止世界大会の福島大会が7月30日、福島市の福島県教育会館で開催され、全国から750人が参加した。福島大会は、今回で6回目。 原爆や東日本大震災の犠牲者などに黙とうをささげた後、主催者を代表して、川野浩 […]


» 詳細を見る



PRコンテンツ