インフォメーション

「泊3号機プルサーマル計画」の許可に対する抗議声明

掲載日:2010.11.26

★抗議声明PDFへ 
 大畠経済産業大臣は本日13時30分、泊原発3号機でのプルサーマル計画について、内閣府の原子力安全委員会および原子力委員会の「安全性に問題はない」として「妥当」と答申した「二次審査」を受け、正式に許可しました。
 

 道平和運動フォーラムは、これまで「脱原発・クリーンエネルギー」市民の会とともに、①使用済み核燃料再処理工場(青森県六ヶ所村)ではトラブルの連続で工場完成の目途もたっていないこと、②使用済みMOX燃料の処理方法がいまだに決まっていないこと、③高速増殖炉「もんじゅ」は、運転再開直後に炉内中継装置を原子炉容器内に落下させる重大な事故を起こしたことなどから、国の「核燃料サイクル」はすでに破綻しており、ただちに「プルサーマル計画」を撤回するよう運動を強化してきました。
 
 さらに、泊原発沖には「新たな活断層の存在」が指摘され、現在、「追加の地質・地層調査」を行っている最中であり、このような中で、国が泊原発3号機においてプルサーマル計画を許可したことは断じて容認できません。
 強く抗議し、「抗議声明」を発表します。
 道平和運動フォーラムは引き続き、「市民の会」とともに、「泊原発3号機のプルサーマル計画」の撤回、「泊原発3号機の運転中止」を求めとりくみを強化していくこととします。




PRコンテンツ